お知らせ FAQ

ベンゾジアゼピン系薬の恐さ|レイキならプラナ・ヒーリング施療院

プラナ・ヒーリング施療院 For English
予約制
0432908305 0432908305 施療時間
ご予約・お問い合わせ

ベンゾジアゼピン系薬の恐さ

2013.03.08

以前から何度も発信していますが、問い合わせが多いので説明します・・・
ベンゾジアゼピン系の処方が医療過失、医療誤診と思われる日本の精神医療に関して・・・
未だ、相談として断薬希望の方が多いのが事実です。
それだけ、ご本人も「何故?薬を飲んでいるのに治るどころか、症状悪化するのか?」に気がついて、当院に来られるわけですが、お医者さんの言葉も強く信じている人も多いのです。
つまり・・「一生飲んでも安全です」「副作用は殆ど無いです」「妊娠中でも問題ないです」
こういう話もするものですから、皆さん信じきっているようですね。
アシュトン教授の論文である「アシュトン・マニュアル」さえ読んで頂ければ、これらの不可解な事実がわかると思います。
また・・・アシュトン教授は、あるコラムにてベンゾ系薬の怖さをコメントしておりますので、それも見てください。 (詳しくはアシュトンマニュアルで検索ください。)
当院ではレイキ施療を通して、数多くの断薬希望者の「薬からの解放」を実現しております。
当然、断薬は自己責任の上で行っていくものですが・・・医者側は断薬を推奨する方が殆どいないため、代替療法としてのレイキを使用し、独自の方法で進めていくしかないのが現状です。
薬の抜き方に関しては個人差が甚だしいのでレイキ施療を通しながら、「脳の状態」を確認してアドバイスを行っています。
薬を服用していないが、心療内科、精神科に行くのが怖くていまだ解決方法が見当たらない・・・という方もぜひお待ちしてます。  服用が無ければレイキでの解決も早いです。
アシュトン教授インタビュー
* ベンゾジアゼピン系・・・・・デパス、ワイパックス、ソラナックス、レキソタン、セルシン、リーゼなどが代表的な薬です。自身が服用していて・・ベンゾ系と気がつかない人も多いですので、ネットで一度ご自身の服用薬を調べることをお勧めします。